推進工法は立坑と呼ばれる縦穴を両端部に築造し管路部分は地中を掘り進む工法となります。
工事区間全体を占用する事がないため、交通や市民生活への影響を低減でき、都市環境対策に優れています。
推進工事では、様々な設備を使用し、高度な施工技術、正確な測量技術、地質・水質に対する豊富な知識を必要とします。