都市・環境をトータルプロデュースする集団「サン・シールド株式会社」

SGICP-M工法

SGICP-M工法

sgicp-m-1
「SGICPマンホール用ライニング材」を既設のマンホールの形状に合わせて加工し、マンホール内に挿入します。
ライニング材を空気圧で膨らませた後、温水循環システムによって硬化させます。


[ 着手前 ] ところどころに漏水が見られます。
SGICP-M工法①


SGICP-M工法②
ライニング材をマンホール内に挿入します 挿入した後圧縮空気にて膨張させます。


SGICP-M工法③ SGICP-M工法④ SGICP-M工法⑤
SGICP-M工法⑥


sgicp-m-8
温水によりライニング材を硬化させます。削孔・3Sステップの取付をおこなった後、最後にライニングされたマンホール内を洗浄して工事完了です。


[管更生工法とは] / [EX工法・ダンビー工法] / [3Sセグメント工法] / [SGICP工法] / [SGICP-M工法]

PAGETOP
Copyright © 2017.sunshield All Rights Reserved.