サンシールド株式会社 SDGs行動宣言

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
SDGsは「世界中の全ての人が幸せに暮らす事ができる社会をつくる」ため、2015年9月の国連サミットで採択されました。
2030年までに達成すべく17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

[外務省リンク(SDGsとは)]

あらゆる場所で、場面で人の暮らしを豊かにする

サンシールド株式会社は推進工事の専門工事業者として日本全国(将来は海外を舞台にした)で推進工事を通じたインフラ整備をおこないます。生涯に渡る生活の質の向上を目指します。

 建設業は社会資本整備において重要な役割を担っています。当社も公共工事(上下水道・橋や河川・道路・建築)などさまざまなインフラ整備に貢献していきます。
 また、地域災害防止協定を締結し災害時に被害の拡大防止といち早い復旧ができるよう体制を構築しています。
 「子供110番 安心安全まちづくり」地域に根ざした企業として、安心して暮らせるまちづくりを目指します。

 推進機の製作やメンテナンス、建設工事で使用する資機材の3Dモデルを作成し、XR技術を活用します。また社内講習会への参加はもとより、工事の施工前や施工完了後に社内検討会・勉強会・施工事例発表会を実施してプレゼン能力など、コンピテンシー向上に努めます。
 産学金連携による研究開発、パートナーシップ企業との協働など、働き方改革にソフトハード両面から取り組んでいきます。
 仕事と家庭を両立させる環境づくりとして女性活躍の場を拡げたり、健康経営にも取り組みます。
長く元気に働ける企業を目指します。
 次世代教育では、入社前のインターンシップを受け付けています。基礎教育に加えOJ T やOFF JT  の実施、わかりやすい日本語での教育など、外国人技術者の採用や技能実習生の受け入れなど、様々なかたちでの若手人材育成に努めています。
生涯教育としてCPD継続教育やステージ毎の資格取得をサポートします。

 推進機の製作やメンテナンス、建設工事で使用する材料や設備は、環境に配慮したリサイクル製品を使用し、排気ガスの少ない機械を利用するなど積極的に環境負荷の軽減に努めます。
 工場や工事現場で発生した廃材は積極的にリサイクルを促し、リサイクル率の向上を目指します。

「省エネ 再エネ 循環型社会へ」
工場や事業所は自然エネルギーや付随するシステム・蓄電池を利用します。
ISO14000と9000シリーズを取得する事で、体系的なマネジメントシステムを導入しています。
月に一度、事業所付近のゴミゼロ活動にも取り組みます。
建設汚泥削減や太陽光パネルブロックなど、自然にやさしい製品の普及に努めます。
使用機械の効率化
環境に配慮した活動として使用電力の見える化、節電に努めています。また、アイドリングストップやエコカーの利用促進などによる小さなエコ活動も実施しています。

•サンシールドは建設工事を通じて、人の暮らしを豊かにする、安心安全なまちづくりをおこないます。環境負荷の低減に配慮した事業活動をし続けて現在、未来へ貢献していきます。
•従業員、協力会社など「事業に関わるみんなでSDGs目標達成」に向けた活動をおこない続けます。